扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の歴史

扇子の歴史

扇子といえばうちわとともに、夏に出先などで簡単に涼をとるための道具です。うちわにくらべてコンパクトに折りたためることができ、持ち運びに便利なこの道具の歴史は古く、一般的には日本が発生の地といわれています。
うちわの歴史はそれよりもさらに前、紀元前の中国や古代エジプトでは存在しており、日本へも7世紀頃に伝来しました。ちなみに「うちわ」という言葉の語源は、蚊や蠅を打ち払う「打ち羽」から来ているといわれます。

一方、日本で扇子が生み出されたのは今から1200年ほど前、8世紀頃のことです。当時は紙が貴重であったため、文字を書くのに使用されていた木簡の、片端をとじて使用していたのがその原型となります。これはインドや中国において、仏教の古い木簡教本をとじるにも行われていた手法で、平安時代に日本で多く作られたことにも関係していると考えられています。
この木簡による扇は檜扇と呼ばれ、主に男性が用いていましたが、彩色や絵が描かれるようになって、装飾品として女性も使用するようになりました。
平安時代の中期になると、竹や木の骨組みに片面だけ紙を貼った蝙蝠扇が登場します。これは仰ぐという実用的な目的だけでなく、儀礼や贈答、和歌を書いて相手に送るなど様々なことに使われ、貴族の必需品となりました。

この蝙蝠扇は鎌倉時代、当時北宋と呼ばれた中国に渡ります。そして紙は両面貼りになり、室町時代には逆輸入され、現在の扇子に近いものになります。
歴史的に扇子は、鎌倉時代までは貴族や神職者にしか使用が許されていませんでした。汚れを払うための祭事や祝儀に使われる際は扇と呼ばれ、「おうぎ」は「あおぐ」が変化した言葉とされています。「扇子」はその扇に、中国語で小さいものを意味する「子」がついてできた言葉と考えられています。
やがて武家社会が発展すると、能や茶道などの芸能に用いられるようになり、室町時代から庶民への使用が許されました。これが江戸時代にもなると庶民の必需品となります。
大航海時代にはヨーロッパへも渡って羽を使った羽扇となり、それが江戸の末期には日本に輸入されました。羽の代わりに絹を貼ったものが絹扇で、これがまた海外へ輸出されることにもなります。

その後も長く愛用されて続けましたが、昭和30年代に入り扇風機が普及すると、需要は激減して主役の座から退場することになります。
しかし、扇子は現代も能や落語などの芸能の場や、末広とも呼ばれる末広がりのおめでたいもの、縁起の良いものとして、お宮参り、結婚式、結納などの儀式に大切に受け継がれています。

次の記事へ